ハント星人との対決 第3話

ROBOT CROSS WORLD
スポンサーリンク
スポンサーリンク

※この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件とは一切関係ありません。
※掲載されている画像の無断転載を禁じます!
※アフィリエイト広告を利用しています。

 パシフィックゲートウェイ島ブライトバレー市郊外にあるシャドウヘイブン湖 (Shadowhaven Lake)周辺に、謎の円盤UFOの目撃情報が相次いだ。実は地球征服を企む悪のハント星人が、密かに湖底に秘密基地を建設中だったのである。

 中村友美とその弟・弘樹がシャドウヘイブン湖近くの森で行方不明となり、二人を心配して探していた橘拓斗滝沢俊彦レイラ=ジェーン=ウィルソンの3人もハント星人に捕らえられてしまった。

危うし拓斗!

 ハント星人に捕らえられた橘拓斗は、拷問用の鞭打ちロボットによる厳しい取り調べが始まろうとしていた!

橘拓斗イラストは、ぽよい様。
鞭打ちロボットと背景は、Leonardo.AiのモデルDreamShaper v7で生成しました。

「サア吐ケ! オ前ハドコデ我々ハント星人ノ事ヲ知ッタノダ?」
「さあね、知らないよ。知ってたって言うもんか!」

 拓斗は例えどんなに脅されても、ハント星人にコスモスの民の事は決して言わなかった。

「子供ノ癖ニ強情ナ奴ダ。ヤハリ貴様ニハコノ鞭ノ味ヲ知ッテモラウ必要ガアリソウダナ!」

牢屋の中での試練

※chatGPTで文章を作成しております。

滝沢俊彦とレイラ=ジェーン=ウィルソンのイラストは、KazuHanabi様。
背景は、Stable Diffusion Online (stablediffusionweb.com)で生成しました。

 一方その頃、牢屋の中、俊彦とレイラは縛られ、口にはガムテープが貼られていた。ハント星人は鉄格子のドアを閉めると、周囲には不気味な静けさが漂っていた。拓斗が拷問を受けるかもしれないという恐怖が2人の心を覆っていたが、俊彦の目には決意の光が宿っていた。

「レイラ、心配しないで」と彼の目が語りかける。レイラは小さく頷き、俊彦の動きを注視した。

 俊彦は両手を微妙に動かし、ロープの結び目を探る。滝沢グループの御曹司として彼の幼少期の頃から受けて来た誘拐対策の訓練が今、自身と仲間の命を救うために発揮される時が来た。静かに、しかし確実に、彼はロープの結び目を解き始めた。数分後、彼の手は自由になった。

 俊彦はレイラの方に体を向け、彼女のロープを解き始めた。彼女の目には感謝の色が浮かんでいたが、まだ緊張の色は消えなかった。やがて、レイラも自由になり、2人はガムテープを剥がし、静かに呼吸を整えた。

「拓斗を助けに行かなくちゃ」とレイラが囁く。「時間がないわ」

 俊彦は頷き、牢屋の周囲を見渡した。脱出のための手掛かりを探す。彼は牢屋の隅に置かれた古びた金属の棒を見つけ、それを使って扉の鍵穴を探った。幸運にも、簡単な構造の鍵穴であり、数分の試行錯誤の末に扉が開いた。

 廊下に出ると、2人は音を立てないように慎重に進んだ。ハント星人の見張りを避けながら、彼らは拓斗がいると思われる尋問室へと向かった。

つづく。


スポンサーリンク

「趣味の創作活動でオリジナルキャラクターを作りたいけど、自分は絵が描けない…」
「こんなシーンの挿絵を描きたいけど、自分は絵が上手じゃない…」
そんな貴方に朗報です!
ココナラではイラストレーター様に気軽にイラスト作成を相談・依頼できます。
当プログでは、ココナラで作成依頼した挿絵イラスト(フリー素材の背景を除いたキャラクター・登場人物)がたくさん掲載されています!
出品者さんによっては、AIイラストでは難しい複雑なポーズ指定も可能です!
あなたもココナラに今すぐ登録して、イメージ通りの素敵な作品を描いてくださる絵師様を探してみましょう♪

スポンサーリンク

また同じイラスト制作ならSKIMAも便利です。
こちらの最大の魅力は1000円から購入できることです! なのでココナラと価格面や利便性で比較検討してみるのもよいと思います。すでに完成しているオリジナルキャラクターのイラストを購入する「キャラ販売」は特にお薦めです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当ブログは、『お名前.com』のレンタルサーバーを利用しております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ROBOT CROSS WORLD
おかめの御前をフォローする

コメント

  1. JUDO より:

    捕らえて尋問(拷問)する男の子(もちろん、女の子でも)は、簡単に口を割らない子に限りますな~(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

タイトルとURLをコピーしました