BRAVERS EDITION episode.04

BRAVE SUCCESSION
スポンサーリンク
スポンサーリンク

※この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件とは一切関係ありません。
※掲載されている画像の無断転載を禁じます!
※アフィリエイト広告を利用しています。

※一部文章の作成に、chatGPTを使用しております。

寺瀬詩郎、ブレイバーズに入隊する。

寺瀬詩郎は、Leonardo.AiのモデルAnime Pastel Dreamで生成しました。
背景は、Leonardo.AiのモデルDreamshaper v7で生成しました。

寺瀬詩郎が正式にブレイバーズに入隊することが決まったその日、セントリネル・ハブの長官室は穏やかな光に包まれていた。長官・牧村光平のデスクの前に立つ詩郎は、初めて袖を通したブレイバーズの制服に身を包んでいた。特注の半ズボンタイプの制服は、詩郎の希望通りに仕立てられ、彼の動きやすさを重視していた。

詩郎曰く「この方が動きやすいから」とのこと。その言葉に、光平と副長官・仲里深雪は微笑んだ。

「よく似合っているよ、詩郎」と光平は優しく声をかけた。

「本当にそうね、詩郎君。とても素敵よ。半ズボンのせいか、ちょっと子供っぽい感じもするけど…」と深雪も同意する。

詩郎は「悪いかよ…」とボソッと呟き、一瞬ムッとした表情を見せたが、その瞳の奥には微かな照れくささが宿っていた。彼の心の中では、この新しい制服が仲間たちからの承認の証であることを感じていた。だが、彼の性格上、素直にそれを表現するのは難しかったようだ。

「ごめんなさい💦 決してそういう意味じゃないの」と深雪は慌てて謝罪する。

「…ありがとう」と詩郎は小さく呟いた。その声は、彼の心の中の感謝の気持ちをほんの少しだけ反映していた。

光平はその言葉を聞き逃さず、満足げに頷いた。「詩郎、君がブレイバーズの一員になってくれて本当に嬉しい。これからも一緒に戦おう。」

詩郎は軽く頷き、目を逸らしながら「分かった」と答えた。彼の心には、今までにない温かい感情が広がっていた。新しい制服に身を包んだ彼は、これからの未来に対する期待と少しの不安を抱きながら、仲間たちとの絆を深めていくことを決意した。

ちなみに実はブレイバーズに決まった制服規定はない。長官である光平の意向もあり、セントリネル・ハブで勤務している職員たちは軍属を除いて皆、それぞれのカジュアルな服装で日々の業務を行っている。ただ記憶喪失で天涯孤独の身の上である詩郎が着た切り雀状態になっていることを光平が心配して、特別にオーダーしてくれたのだった。

そして深雪は、「詩郎君、これを…」と言って、詩郎に一枚の地図を渡す。

「これは…?」
「あなたのこれからの働く場所と生活拠点になる場所よ。私の大学の後輩が東京でテニスショップを経営しているんだけど、最近になって安土市にもテニススクールをオープンさせたの」

その後、深雪から行先の地図を受け取った詩郎は長官室を出て、再びセントリネル・ハブの廊下を歩き始めた。新しい制服は彼にとっての新たな始まりを象徴していた。これからの挑戦と仲間たちとの冒険が、彼を待っている。詩郎の心は、新たな仲間たちとの絆を築くための第一歩を踏み出していた。

ようこそ、朝比奈グリーンリーフテニスクラブへ

詩郎が新たな勤務地である朝比奈グリーンリーフテニスクラブに到着すると、穏やかな日差しがコートを照らし、心地よい風が吹き抜けていた。クラブの入り口で彼を迎えたのは、真新しいテニスウェアに着替えた獅場俊一稲垣千秋だった。二人とも笑顔で詩郎に手を振り、親しげに話しかけてきた。

「おう、詩郎!ようこそ、朝比奈グリーンリーフテニスクラブへ!」と俊一が元気よく声をかけた。

「ここで一緒に頑張ろうね、詩郎君」と千秋もにこやかに言った。

詩郎は二人に軽く会釈しながらも、疑問を抱いていた。「アンタたち、テニスの経験はあるのか?」

俊一と千秋は顔を見合わせ、少し困ったような表情を浮かべた後、俊一が答えた。「実は、俺たちはテニスの経験はないんだ。高校時代はサッカー部だったからね。」

「私もバスケットボール部だったから、テニスは全くの初心者なの」と千秋も続けた。

詩郎は呆然とし、思わずため息をついた。こんな有様でよくテニスクラブをブレイバーズ前線部隊の表向きの活動拠点に設定したものだと不思議でならない。「…マジかよ。こうなったら俺がアンタたちを指導するしかないな。」

こうして、詩郎は俊一と千秋に特訓を課すことに決めた。テニスコートに移動し、早速練習を始める。

「まずは基本からだ。ラケットの握り方と姿勢を教えるぞ」と詩郎は二人に指示を出す。

俊一と千秋は真剣な表情で詩郎の説明を聞き、ラケットを握る。詩郎は彼らの姿勢を一つ一つチェックしながら、修正点を指摘していく。

「もっと肩の力を抜け。腕だけじゃなくて、全身を使ってスイングするんだ」と詩郎は俊一に指導する。

「千秋、もっとリラックスして、自然な動きでラケットを振ってみろ」と詩郎は千秋にもアドバイスを送る。

俊一と千秋は一生懸命に詩郎の指導を受け入れ、何度もスイングを繰り返す。詩郎は彼らの進歩を見ながら、自分の中に芽生えた新たな責任感を感じていた。

「これからも一緒に頑張ろうな、詩郎」と俊一が汗を拭きながら言った。

「うん、詩郎君の指導で、私たちも頑張るから」と千秋も続けた。

詩郎は微笑みを浮かべ、二人に向かって頷いた。「よし、これからが本番だ。共に成長していこうぜ。」

寺瀬詩郎と獅場俊一は、Leonardo.AiのモデルAnime Pastel Dreamで生成しました。

こうして詩郎は俊一と千秋にテニスの特訓を課し、彼らと共に新たな日々をスタートさせた。朝比奈グリーンリーフテニスクラブでの新たな生活は、ブレイバーズの一員としての彼の新たな冒険の始まりでもあった。

記憶の手がかり

朝比奈グリーンリーフテニスクラブでの特訓が進むにつれ、俊一と千秋のテニスの腕前は着実に上達していった。詩郎の厳しい指導のもと、二人は基礎をしっかりと身につけ、徐々に実戦形式の練習にも挑戦できるようになった。

ある日の午後、3人は特訓を終え、コートの隅で休憩を取っていた。俊一が水を飲みながら、ふと詩郎に話しかけた。

「詩郎、お前って本当にテニスが上手いよな。教え方もすごく的確だし、技術も抜群だ。お前、本当にテニス未経験なのか?」

千秋も同意するように頷いた。「そうよ、詩郎君。あんなにスムーズにラケットを振る姿を見てると、本当に初心者とは思えないわ。」

詩郎は少し考え込むような表情を浮かべた。「…確かに、俺も不思議なんだ。記憶はないのに、身体が自然に動く感じがするんだ。どうしてだろうな。」

その言葉に、俊一と千秋は顔を見合わせた。そして、俊一が思いついたように言った。「もしかして、詩郎は記憶を失う前にテニスの経験があったんじゃないか?記憶はなくても、身体がその技術を覚えてるってことかもしれない。」

千秋も目を輝かせた。「それなら、詩郎君の記憶を取り戻す手掛かりになるかもしれないわ!テニスのことをもっと掘り下げてみたら、何か思い出すことがあるかもしれない。」

詩郎は驚きと喜びが入り混じった表情で、二人の言葉を聞いていた。「そうか…テニスが俺の記憶の鍵になるかもしれないのか。」

俊一は熱心に続けた。「詩郎、お前の記憶を取り戻すために、俺たちも協力するよ。一緒にテニスをもっと極めていこう!」

千秋も同じ思いだった。「そうよ、詩郎君。私たちが支えるから、一緒に頑張ろうね。」

詩郎は二人の真摯な言葉に心を打たれ、強く頷いた。「ありがとう、二人とも。これからもよろしく頼む。」

こうして、詩郎は俊一と千秋と共に、テニスを通じて自分の記憶を取り戻すための新たな一歩を踏み出すことになった。朝比奈グリーンリーフテニスクラブでの練習は、彼らの絆を深め、詩郎の失われた過去を解き明かす冒険の始まりでもあった。

新たなる陰謀

 場所は不明であるどこかの洋館の中、燭台の蝋燭だけの光で照らされたアンティークな部屋の中で、蝋燭の光に照らされた1人の老紳士が、ゲアハルト=ギルベルト大佐からの報告を聞いていた…。

「おや、たったそれだけですか? 安土からの土産話にしては、ちと物足りませんねぇ…」
「これは手厳しい。警察や他の犯罪組織の心胆を寒からしめるには、あれで十分だと自負しております。」
「ほぉ~、そうですか…」

これまで寺瀬姉弟の行方を掴むべく、おかめ党の残党を騙って騒ぎを起こしてきたギルベルトだったが、弟の詩郎の消息がつかめた今、陰謀は早くも次の段階へと移行しようとしていた。

「しかし敵もさるもの。ブレイバーズ長官の牧村光平が、安土市内で厳重な警備態勢を取っております。これからはただ騒ぎ立てるだけでは、どうにもなりません。何かもっと、他に決め手となる火種が欲しいものです。」
「火種、ですか…」

老紳士は少し思案すると、一つの妙案を思いついた。

「おぉ…そういえば、火種と言えばあるにはありますよ。新生ブレイバーズを揺さぶる、またとない火種が…」
「…と、仰せられますと?」

つい先日、南米の「シエロ・アスール共和国(”Republic of Cielo Azul”)」で軍事クーデターが発生し、ブレイバーズ科学技術顧問である天岸明彦あまぎしあきひこ博士の妻で、同国の民主化運動の闘士としても知られる政治家・ソフィア=アンドレア=ロペス=天岸女史が、娘のアンジェリカ愛優美を連れてブレイバーズの手引きで日本に極秘亡命していた。

「その娘とやらを人質にすれば、面白い企てが立てられそうです」( ̄ー ̄)ニヤリ

END


スポンサーリンク

「趣味の創作活動でオリジナルキャラクターを作りたいけど、自分は絵が描けない…」
「こんなシーンの挿絵を描きたいけど、自分は絵が上手じゃない…」
そんな貴方に朗報です!
ココナラではイラストレーター様に気軽にイラスト作成を相談・依頼できます。
当プログでは、ココナラで作成依頼した挿絵イラスト(フリー素材の背景を除いたキャラクター・登場人物)がたくさん掲載されています!
出品者さんによっては、AIイラストでは難しい複雑なポーズ指定も可能です!
あなたもココナラに今すぐ登録して、イメージ通りの素敵な作品を描いてくださる絵師様を探してみましょう♪

スポンサーリンク

また同じイラスト制作ならSKIMAも便利です。
こちらの最大の魅力は1000円から購入できることです! なのでココナラと価格面や利便性で比較検討してみるのもよいと思います。すでに完成しているオリジナルキャラクターのイラストを購入する「キャラ販売」は特にお薦めです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当ブログは、『お名前.com』のレンタルサーバーを利用しております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BRAVE SUCCESSION
おかめの御前をフォローする

コメント

  1. 旅鴉 より:

    詩郎くん、学生からフリーターに、今度はDRYADESではなくTEAM FRIENDSとの絡みですか、リア充揃いのTEAM FRIENDS、前のように嫉妬に狂う野郎に絡まれることはなさそうですね。
    でもTEAM FRIENDSの不幸度はDRYADES以上ですからね、トラブルに巻き込まれることも増えそうですね…

    >ブレイバーズ科学技術顧問である天岸明彦博士の妻で、同国の民主化運動の闘士としても知られる政治家・ソフィア=アンドレア=ロペス=天岸女史が、娘のアンジェリカ愛優美

    また愛優美ちゃんに新しい肩書が増えた…もう母方の祖父がどこぞの国の国王で、祖母がどこぞの銀河帝国の姫様だったってことになっても驚きませんね…

    • > 今度はDRYADESではなくTEAM FRIENDSとの絡みですか、リア充揃いのTEAM FRIENDS、前のように嫉妬に狂う野郎に絡まれることはなさそうですね。

      TEAM FRIENDSの面々が安土まで出張って来るかはまだ未定です。

      > また愛優美ちゃんに新しい肩書が増えた…もう母方の祖父がどこぞの国の国王で、祖母がどこぞの銀河帝国の姫様だったってことになっても驚きませんね…

      「肩書きが増えた」というより「肩書きがリセットされた」の方が正しいですね。

      ↓実は愛優美ちゃんは、まだ紫髪になる前の詩郎と面識があったりするのですが、この件はなかったことにしてパラレルワールド扱いにしようかと(;^_^A アセアセ・・・
      https://okamenogozen.com/meari-aoyamaoto/

      • 旅鴉 より:

        >実は愛優美ちゃんは、まだ紫髪になる前の詩郎と面識があったりするのですが、この件はなかったことにしてパラレルワールド扱いにしようかと(;^_^A アセアセ・・・

        ありましたねそう言えば、あの話がなかったことになると、音祢ちゃんと芽生えた友情もキャンセルってことになりますね、それはちょっと寂しくもありますね…

タイトルとURLをコピーしました