BRAVERS EDITION episode.03

BRAVE SUCCESSION
スポンサーリンク
スポンサーリンク

※この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件とは一切関係ありません。
※掲載されている画像の無断転載を禁じます!
※アフィリエイト広告を利用しています。

※一部文章の作成に、chatGPTを使用しております。

スカウト

寺瀬詩郎セントリネル・ハブの長官室を出ると、深く息をついた。先日の沢渡優香救出の功績を買われて、長官の牧村光平から正式にBRAVERSにスカウトされたのだ。BRAVERSへの誘いは、記憶を失っていて行く当てのない詩郎にとっては願ってもない話だった。しかし、彼の心には未だに「仲間」というものへの違和感が残っていたのだ。

「しばらく考えさせてくれ」と光平に告げ、彼は長官室を後にした。光平は理解を示し、優しく微笑んで頷いた。

セントリネル・ハブの廊下を歩きながら、詩郎の頭の中には様々な思いが渦巻いていた。記憶を失った自分には、過去も未来もわからない。ただ今ここにいることだけが確かだった。BRAVERSの一員として戦うことは、新たな目的を見つけるための道かもしれない。しかし、仲間たちと共に戦うということは、自分にとってどんな意味を持つのか、その答えを見つけることができなかった。

詩郎はセントリネル・ハブの外に出ると、街へと足を向けた。夕方の街は温かなオレンジ色の光に包まれ、人々の生活の音が賑やかに響いていた。詩郎は無意識のうちに街中を歩き回りながら、考え事を続けていた。

「BRAVERSに入るべきか…」詩郎は自問自答しながら、街の雑踏の中に身を投じた。人々の笑顔や、友人同士の楽しそうな会話、家族の温かな光景。彼らの中には、きっと自分が失ったものがたくさんあるのだろう。

詩郎はしばらく歩き続け、やがて小さな公園にたどり着いた。ベンチに腰を下ろし、頭を抱えるようにしてうつむいた。

「仲間って、何なんだろうな…」詩郎は呟いた。彼の心には、まだ見ぬ答えを探すための葛藤があった。光平や優香、俊一、千秋たちとの絆を感じつつも、その重さに戸惑っていた。

そのとき、公園の片隅で子供たちが遊んでいるのが目に入った。小さな子供たちは、お互いに助け合いながら笑い合っている。その姿は、詩郎にとって一つの答えを示しているかのようだった。

「助け合うこと、支え合うこと…それが仲間かもしれないな」詩郎は自分の心の中で小さな光を見つけたように感じた。彼は再び立ち上がり、ゆっくりと歩き始めた。

「もう少し、考えてみよう…でも、答えは見つかりそうだ」詩郎は心の中で決意を新たにし、セントリネル・ハブへと戻る道を選んだ。彼の歩みは、少しずつ自分の未来へと向かっているように感じられた。……が、その時!

「お前、寺瀬詩郎だな?」
「――!?」

寺瀬詩郎は、Leonardo.AiのモデルAnime Pastel Dreamで生成しました。
黒服男と背景は、Leonardo.AiのモデルDreamshaper v7で生成しました。

「んんっ!? んんーっ!!」💦

普段の詩郎ならこんな不覚は取らなかったであろう。しかし考え事をしていて油断していた彼は、黒服を着た男に背後を取られて口を塞がれ、たちまちワゴン車の中へと引きずり込まれてしまった!

衝撃の事実を告げられる詩郎

郊外にある無人の廃工場へと連れ込まれた詩郎は、ロープで縛り上げられてしまった。

「くっ、こんなロープ!!」

詩郎は自力で縄抜けを試みるが、ロープは解けるどころか、もがけばもがくほど彼の身体を締め付けていく。

「無駄だ。いかにサイボーグの君でも、そのロープからは脱出することは出来ない。それは某国特務機関が開発した特殊繊維で編まれているからなww」
「…お、お前は!?」

一瞬、自分の目を疑う詩郎。それもそのはず。今、彼の目の前には以前に自分がこの手で倒し、現在は身柄を拘束されて拘置所にいるはずのゲアハルト=ギルベルトがそこに立っていたからだ!

「フハハハハ!! 驚いたかね? 以前に君が倒した相手は私の影武者に過ぎん」
「俺をどうするつもりだ?」
「なぁに、少し質問したいだけだ。君のお美しい姉君の居場所について教えてもらえないかな?」
「姉…?? 俺に姉さんがいるのか!?」
「ふむ、どうやら記憶喪失というのも嘘ではないらしいな…」
「教えてくれ! 俺は一体何処の誰なんだ!? そして姉さんはどんな人なんだ!?」
「そんなに知りたければ教えてやろう。君はさる悪の組織の№2、最高幹部だったのだよ」
「ふざけんな! そんな話信じられるか! 頼むから本当のことを教えてくれ!」
「せっかく本当のことを教えてあげているというのに、嘘つき呼ばわりか…。不快だ! その減らず口を塞いでやる」
「な、何をッ…!? んむむ、むぐぐーっ!!」

寺瀬詩郎は、Leonardo.AiのモデルAnime Pastel Dreamで生成しました。

詩郎は口にガムテープを貼りつけられて、喋れないようにされてしまった。ギルベルトは部下に見張りを任せてどこかへと出かけて行く。

「んんーっ!! んむむーっ!!」

自分が元・悪の組織の人間だと知り、激しくショックを受ける詩郎。信じたくはなかった。そしてきっと光平や俊一、千秋たちBRAVERSが自分を助けに来てくれると期待したかった。でもよく考えてみれば、まだ知り合ってばかりで、氏素性の分からない、しかも悪の組織の人間だったかもしれない自分のために、赤の他人同然の彼らがわざわざ危険を冒して助けに来てくれるはずがない。そう考えると詩郎は徐々に悲嘆に暮れていく。

「………(いやだ…誰か、助けて)」

そう思いかけていた矢先――

「詩郎、無事か!?」

「んっ、んむむっ…!?」

ライオンレギウススワローレギウスが助けに来たのだ! 見張りの連中をなぎ倒し、詩郎を拘束から解放する俊一と千秋。

「あり…がとう…。でもどうしてここが分かったんだ?」
「こんなこともあろうかと、キミの服に発信タグをつけておいたの」

全ては千秋の機転であった。詩郎が外出からなかなか帰らないことに心配したBRAVERSが、彼女があらかじめ仕掛けておいた発信タグのGPS信号を頼りに彼の監禁場所を割り出したのだ。

告白

「君が元・悪の組織の人間だって!?」

セントリネル・ハブに戻った詩郎は、光平たちにあの時ギルベルトから告げられた事実を正直に告白した。悪の組織の関係者かもしれない以上、もう自分はタダでは済まないだろう。よくて拘束、悪くすれば処刑、そんな覚悟を決めていた詩郎だったが、光平から返って来た答えは「お構いなし」とする意外なものだった。思わず呆気にとられる詩郎。

「本当にいいのかよ!? もし記憶が戻ったら、俺はアンタたちを裏切るかもしれないんだぞ!」
「まあ一応監視だけはつけさせてもらうけどね。まだ今の時点で問題行動を起こしていない以上、君を拘束する理由はない。ところでBRAVERS入隊の話、考えてもらえたかな? そろそろ返事が聞きたいな」

詩郎にとってはもうないものだと思っていたBRAVERSへのスカウトの話も、何とまだ流れていなかったのだ。いつも通りのあっけらかんとした光平の態度に、一気に緊張感が解けた詩郎はつい吹き出してしまう。

「プッ…フフフ…あはははは!!」
「どうした詩郎?」
「フハハ…ごめん、何かおかしくてさ…ww」

光平たちが待つ場所へ戻ることで、詩郎は自分の居場所を見つけることができるかもしれない。彼の中には、新たな希望と共に仲間たちとの絆を築くための決意が芽生え始めていた。そして彼には、まだ見ぬ生き別れの姉を探すという、新たな目標も出来ていたのだった。


スポンサーリンク

「趣味の創作活動でオリジナルキャラクターを作りたいけど、自分は絵が描けない…」
「こんなシーンの挿絵を描きたいけど、自分は絵が上手じゃない…」
そんな貴方に朗報です!
ココナラではイラストレーター様に気軽にイラスト作成を相談・依頼できます。
当プログでは、ココナラで作成依頼した挿絵イラスト(フリー素材の背景を除いたキャラクター・登場人物)がたくさん掲載されています!
出品者さんによっては、AIイラストでは難しい複雑なポーズ指定も可能です!
あなたもココナラに今すぐ登録して、イメージ通りの素敵な作品を描いてくださる絵師様を探してみましょう♪

スポンサーリンク

また同じイラスト制作ならSKIMAも便利です。
こちらの最大の魅力は1000円から購入できることです! なのでココナラと価格面や利便性で比較検討してみるのもよいと思います。すでに完成しているオリジナルキャラクターのイラストを購入する「キャラ販売」は特にお薦めです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当ブログは、『お名前.com』のレンタルサーバーを利用しております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BRAVE SUCCESSION
おかめの御前をフォローする

コメント

  1. S-A より:

    詩郎君もう完全に王道のヒーロー物語の主人公ですね。今の姿が素の彼なのか、あるいは記憶喪失になってるだけで、おかめ党でヤンチャしてた頃のが本性かはわかりませんが、これからヒーローとして波乱万丈ながら大いに頑張ってくれそうです。光平も鷹揚かつ器の大きいところをみせていて、頼り甲斐のあるトップという感じですね。
    ところでヴィラン側はMr.unknounが黒幕でラスボス的な位置づけになるのでしょうか。ギルベルトが登場したことで他の当ブログのヴィランの面々も順次現れそうな予感がしますし、ゼルバベルや魔王ヴェスヴァーン一味などの残党も出てくるかも?などとも予想しています。

    • > ところでヴィラン側はMr.unknounが黒幕でラスボス的な位置づけになるのでしょうか。

      特にMr.unknounがラスボスとは決まっていません。そもそもブレイバーズ編もラスボスに辿り着くまで長く続くかもまだ分かりませんし(;^_^A アセアセ・・・
      他にヴィランが出て来るとすれば、いつものベラドンナ、ブラックマフィア、ハント星人辺りになるでしょう。

  2. 旅鴉 より:

    早い段階で詩郎くんの正体が判明しましたね~、まあこのサイトに来る人間は全員知ってる情報ですからね、

    >普段の詩郎ならこんな不覚は取らなかったであろう。しかし考え事をしていて油断していた彼は、黒服を着た男に背後を取られて口を塞がれ、たちまちワゴン車の中へと引きずり込まれてしまった!

    それでもサイボーグパワーがあるだろうに…それともこの黒服がやり手なのか…ってあっさり捕まるなよ、野郎の緊縛は…

    ゲアハルト=ギルベルト、前のは影武者ってことにしたんですね、影武者も無茶苦茶強かったですが、このギルベルト卿はそれ以上ってことですね。

    そして明かされる自分の正体と、姉の存在…って、まだMr.unknounサイドも寺瀬聖佳嬢の居場所を解ってないんですね、てっきりもう捕まっているものとばかり思ってました。

    さて真実を告げられ意気消沈の詩郎くん…

    >「………(いやだ…誰か、助けて)」

    心の声とはいえ、こんな言葉をつぶやくとは…あのイキってた中二ボーイだった頃の詩郎くんはどこへやら…

    なんやかんやでライオン丸…ライオンレギウスの俊一くんとスワロウレギウスの千秋ちゃんに助けられた詩郎くん…やたらと捕まり助けられる主人公、エ〇ンかお前は…

    そして自分の正体をカミングアウトする詩郎くんに、変わることなくBRAVERSへのスカウトを続ける光平氏、まあ悪逆非道な行為を続けていたどこぞのでこっぱち野菜王子が仲間になることに比べたらどうとゆうこともないですね。

    Mr.unknoun…なんか随分と活動的になりましたねこのジジイ、偽ギルベルト卿もですが、メイド戦士となった天山桜桃もまた見てみたいですね。

    ところで…あちらが途中からご無沙汰だったものでついていけてなかったのですが、レギウス発動の条件ってなんでしたっけ?
    それと…詩郎くんの中で眠る取り込んだ邪神の力はどうなったのでしょうか?サーベルタイガーレギウスの力に中和されたのかな?

    • > それでもサイボーグパワーがあるだろうに…それともこの黒服がやり手なのか…ってあっさり捕まるなよ、野郎の緊縛は…

      記憶喪失の影響もあり、精神的に不調が続いていて、きっと本調子が出せていなかったのでしょう(;^_^A アセアセ・・・
      これは裏設定ながら、詩郎はおかめの御前に「囚われの美少年因子」なるものを体内に植え付けられておりまして……どうやらそれが芽を出し始めたようですねぇ。

      > そして明かされる自分の正体と、姉の存在…って、まだMr.unknounサイドも寺瀬聖佳嬢の居場所を解ってないんですね、てっきりもう捕まっているものとばかり思ってました。

      とりあえずまだ捕まっていないことにしました。行方不明の寺瀬聖佳の身柄争奪戦が繰り広げられた方がストーリーも盛り上がりそうですので(^^♪

      > Mr.unknoun…なんか随分と活動的になりましたねこのジジイ、偽ギルベルト卿もですが、メイド戦士となった天山桜桃もまた見てみたいですね。

      Mr.unknoun一味の紹介記事を作りたいと思いますので、Mr.unknounと天山桜桃の外見容姿や特徴について、お時間のある時にまとめていただけますと助かります🙇
      気が向いたらで結構ですので、何卒よろしくお願いいたします。

      > ところで…あちらが途中からご無沙汰だったものでついていけてなかったのですが、レギウス発動の条件ってなんでしたっけ?

      実を言いますと、管理人もよく覚えていません。本家ブレイブサクセッション様とはあくまでキャラクターとタイトルの看板を借りているだけの関係であり、向こうのストーリーや細かい設定との整合性についてほとんど考慮せずにブレイバーズ編を書いてます。実質パラレルワールド扱いですね。

      > それと…詩郎くんの中で眠る取り込んだ邪神の力はどうなったのでしょうか?サーベルタイガーレギウスの力に中和されたのかな?

      そうなんですよね。今も詩郎には紫蛇神アルドーの魂が宿っている筈なのですが、今更ながら「サーベルタイガーレギウス」じゃなくて「コブラレギウス」にすればよかったと後悔している管理人であります💦
      いずれサーベルタイガーレギウスには、コブラをモチーフにしたスーパーバイク「アルドー〇〇〇」をプレゼントしようかな?と構想中です。

      • 旅鴉 より:

        >Mr.unknoun一味の紹介記事を作りたいと思いますので、Mr.unknounと天山桜桃の外見容姿や特徴について、お時間のある時にまとめていただけますと助かります🙇

        一応簡潔にですが、

        Mr.unknoun
        裏社会ですら謎とされている人物、それ故にMr.unknoun
        名前年齢出生全てにおいて謎とされている、だが何か大きな出来事が起きる度に”その人物が動いている”と囁かれている。
        彼の組織もその名すら存在せず謎とされ、それゆえ名乗っても無いのに「サイレントゴースト」などと呼ばれている。
        存在が掴めない、だがその香りを残していく、それがMr.unknounと言う人物である。
        そもそもその存在は都市伝説のごとく偶像で、実際は存在しない人物なのではとすら噂されている。
        だが、彼は存在している、信用出来、尚且つ気に入った相手の前にはその姿を現すことがある。
        容姿は白髪頭の老紳士で、年齢的には70を過ぎぐらいに見える、だがこれが実年齢かは不明、彼もまたどこぞの魔女と同じように遥か昔からその存在が噂されている、何代も続く一族なのか長寿の秘術を使っているのか、それすら不明である。
        莫大な財力と、謎の科学力を有し、更にオカルト方面にも精通し、裏の世界でその力を存分に振るい、闇を統べる者と言われ恐れられている。
        普段見せる姿は人当たりの良い温厚な老人、言葉使いも誰に対しても丁寧、だが全てを見通すような目をしていて隙がない。
        組織の規模も現時点では不明、重要なことは自分の部下を使うが、殆ど外部組織か傭兵に任せることが多い。
        何を考えて行動しているのか良く解らないと言われ、悪行を働いたかと思えば、正義側のに手を貸すこともある、自らがつまらない存在と感じれば正義の組織も悪の組織も関係なく潰しにかかる。
        但し「母なる大地は人類がなんとか守べし」と言った考えを持っており、外星人はあまり好きではない。
        囚われの姫君といったものに美を感じており、時として気に入った娘がいれば捕まえてみたいと言ったどこぞの仮面野郎と似た感情を持っており、その者とは宿敵と書いて(トモ)かなと勝手に思っているところもある。
        世界征服といった野望は今のところない、ただ思うが儘に暗躍したい、そう思っているだけの、身も蓋もない事を言えば、ただのタチの悪い中二病患者である。
        骨董品や芸術品、武具集めが趣味であり、アンティーク調の部屋にはそれらが所狭しと飾られている、口には出さないが部下達は正直幾分か処分して欲しいと思っている。
        落ち着いた空間を好み、蝋燭で照らされた部屋を好む、格好つけな老人である。

        天山 桜桃
        濃い紫色の髪が特徴的な、美人で礼儀正しく人当たりも良い、とても優秀なMr.unknounに仕えるメイド。
        そしてもう1つの顔が、害虫駆除の名の元に、Mr.unknounの外敵を駆除する戦闘員。
        自らを救ってくれた(と思い込んでいる)Mr.unknounをご主人様と呼び、絶対的に忠誠を誓い、身も心も捧げている。
        相当の武術の使い手であり我流なれど剣術を得意としている、最近ではオカルトの書物を読み漁り呪術の研究もしているとのこと。
        実は記憶喪失であり、少し前までの記憶がない。

        彼女の正体は豊臣家に仕えし忍びの末裔、天魔一族の女頭領であり、元おかめ党の幹部、山桜桃姫である。
        だが、度重なる失敗により切り捨てられ他の組織に売り飛ばされそうになったところを、部下である佐介に助けられる、だがその佐介(実はベラドンナのスパイの影猿)にも騙され、Mr.unknounに献上され、記憶を消され、今に至る。

        彼女曰く、例え記憶を取り戻したとしても、ご主人様への忠誠は変わらないとのこと。

        ????
        プラチナブロンド髪をオールバックにした、獣のような金の瞳を持つ、Mr.unknounに仕える執事兼秘書兼護衛の、20代半ばに見える青年。
        Mr.unknounが最も信頼を寄せている男、Mr.unknounと同じく謎が多い人物。

        現在出せる情報

        ベラドンナの仲介者、張秀狼曰く「純粋に恐ろしいと感じることがある」
        部下である天山桜桃曰く「素早く音もたてずに動け、人間とは思えない」
        殆ど明かりのないMr.unknounの屋敷を、光源もなく歩くことが出来るほど夜目が効く。

        また誤字や訂正してほしい箇所など見つけたら、コメント致します。
        とりあえず急ぎ書いてみました。

  3. JUDO より:

    最初の画像の黒服男、俺に代われ!!
    相手が少年、少女だろうとこの手の構図は誘拐手口の王道中の王道ですな( ̄ー ̄)ニヤリ
    贅沢言えば、口、上半身、下半身に役割分担して、がっちりと・・・

    それにしても、詩郎君の正体ばれ、あっさりと来ましたね~(;^ω^)

    • やはり誘拐される直前のハンドギャグやクロロシーンは、見ていてドキドキワクワク♪するものです。
      しかしその直後に偶然通りかかった正義の味方が助けに来て、誘拐は未遂に終わってしまう展開に我々DIDマニアはこれまで何度泣かされて来たことでしょう( ノД`)シクシク…

      > それにしても、詩郎君の正体ばれ、あっさりと来ましたね~(;^ω^)

      正体バレと言っても詩郎が記憶を取り戻した訳ではありませんし、まだ詩郎が所属していた組織の名称も光平たちには不明のままです。「おかめ党」という名前を出しちゃうとギャグになっちゃいますからね(;^_^A アセアセ・・・
      その点はしばらくの間はボカすつもりです。

タイトルとURLをコピーしました